スペシャル番組

【24時間テレビ】マラソンの歴代走者まとめ(初代~2019年の走者まで)

24時間テレビマラソンランナー歴代走者

「24時間テレビ」マラソンランナーの歴代走者をまとめた記事です。

毎年恒例の24時間テレビのマラソンですが、今年もやってきました!

ただ、数年たつと「あの頃に走っていたランナーって誰だっけ?」と思い返すことが増えてきたのは私だけでしょうか・・・。

24時間テレビのマラソンは26年も続いています。

そこで今回は、日本テレビの「24時間テレビ」マラソンランナーの歴代走者をまとめました。

【24時間テレビ】ランナー(2019)は誰?会場は?

24時間テレビのマラソンは、ひとり42.195kmを4人で走る「24時間駅伝」となりました。

24時間テレビのマラソンランナー2019を発表。イッテQメンバー?
【追記あり】24時間テレビのマラソンランナー(2019)が発表。有吉が予想的中!SNSの反応は?24時間テレビのマラソンランナー2019が発表されました。 今回の24時間テレビのマラソンランナーは、4人出場されます。 確定した2人の名前、残りの2人の予想や反応をまとめています。...

24時間テレビ(2019年)のランナーは、
・いとうあさこ
・ガンバレルーヤのよしこ
・ハリセンボンの近藤春菜
・水卜麻美アナウンサー
と発表されました。




走者の順番は、
1.ハリセンボンの近藤春菜(32.195km)
2.ガンバレルーヤのよしこ(32.195km)
3.水卜麻美アナウンサー(42.195km)
4.いとうあさこ(42.195km)
でした。

24時間テレビのマラソンの放送日は、2019年8月24日(土)〜25日(日)。

会場は、今年初となる両国・国技館です。

24時間テレビマラソンの結果ですが、4人で総走行距離148.78キロを完走することができました。

しかし、時間内にゴールできず4分ほどオーバーしてしまいます・・・。

本当に惜しかったですね。

スポンサーリンク

【24時間テレビ】マラソンランナー歴代走者まとめ

24時間テレビのマラソンは、1992年から始まっています。

結構歴史ありますね。

このチャリティーマラソンは「26年間」続いています。

残念ながら、24時間テレビの1回めからマラソンがあったわけではないようです。

24時間テレビ(2018年):みやぞん

第41回(2018年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「みやぞん」33歳で、161.95km走りました。

2018年のイッテQで発表されました。

イッテQでは様々な企画に体当たりで挑戦しているみやぞん。

番組史上初のトライアスロン(水泳、自転車、マラソンの3種目)に挑戦しました。

トータルで160km超えだったのにかかわらず、番組終了前にゴールである日本武道館にたどり着きそうになったため、約1km遠回りして走っていたのではないかという噂がありました。

24時間テレビ(2017年):ブルゾンちえみ

第40回(2017年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「ブルゾンちえみ」27歳で、90km走りました。

ブルゾンちえみは、「学生時代の恩師の娘さんが癌になってしまったので励ましたい」というメッセージを込めて走っています。

学生時代陸上部だったことが有名なブルゾンちえみですが、完走後もメイクが崩れていない!ということで話題になっていました。

スポンサーリンク

24時間テレビ(2016年):林家たい平

第39回(2016年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「林家たい平」51歳で、100.5km走りました。

走行距離の100.5kmは、歌丸師匠の本名「椎名巌」で「いわおGO」からきている数字だそう。

24時間テレビ(2015年):DAIGO

第38回(2015年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「DAIGO」37歳で、100km走りました。

DAI語で「まさに『HM』でしたね」とコメントしました。

HMは走りましたの意味だそう。

完走後、他の場所で待機していた北川景子に29歳の誕生日のお祝いとともにプロポーズをしたという、めでたい話もありました。

24時間テレビ(2014年):城島茂

第37回(2014年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「城島茂」43歳で、101km走りました。

歴代で走ったジャニーズのなかで最年長と言われています。

TOKIOのメンバーでは山口達也に次ぐ2番目のランナーです。

24時間テレビ(2013年):大島美幸

第36回(2013年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「大島美幸」33歳で、88km走りました。

88kmの走行距離は、減量前の体重に合わせたもの。

あと2kmというところで放送時間内にゴールできなかったものの、無事に88km完走しました。

24時間テレビ(2012年):佐々木健介&北斗晶ファミリー

第35回(2012年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「佐々木健介&北斗晶ファミリー」で、合計120km走りました。

佐々木誠之介くんは24時間テレビのマラソンランナーとして、最年少となります。

1.全員(500m)
2.健介(61.6km)
3.健之介(6km)
4.誠之介(4km)
5.北斗(47.9km)
の順で走っています。

24時間テレビ(2011年):徳光和夫

第34回(2011年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「徳光和夫」70歳で、63km走りました。

「徳光和夫といえば司会」というイメージでしたが、今回はランナーを務めました!

ご高齢なのに、この距離を走りきったのですごいです!

24時間テレビ(2010年):はるな愛

第33回(2010年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「はるな愛 」38歳で、85km走りました。

ニューハーフの芸人として初めての走者。

はるな愛のマラソントレーナーだった坂本雄次は、手術していたため併走が困難だったのにもかかわらず、最後の1kmは併走しました。

24時間テレビ(2009年):イモトアヤコ

第32回(2009年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「イモトアヤコ」23歳で、126.585km走りました。

女性走者としては最年少で、最長距離を走ったと言われています。

126.585kmは、42.195kmのフルマラソンを3回分走っている距離です。

24時間テレビの放映時間内にゴールできなかったものの、完走しました。

そして完走直後、イモトがNEWS手越に抱きしめられるシーンは、ファンにとって阿鼻叫喚だったのではないかと思います。

24時間テレビ(2008年):エド・はるみ

第31回(2008年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「エド・はるみ」年齢非公表で、113km走りました。

この頃、エド・はるみは大ブレイクしていましたね。

24時間テレビでランナーを務めたあとも、東京マラソンに出場して完走してます。

24時間テレビ(2007年):萩本欽一

第30回(2007年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「萩本欽一」66歳で、70km走りました。

当時のランナーとしては、最高年齢でした。

24時間テレビの時間内にゴールできなかったものの、そのあとの番組で無事に完走します。

そのときの視聴率は、43.9%を叩き出しました。

欽ちゃんパワーですね!

24時間テレビ(2006年):アンガールズ

第29回(2006年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「アンガールズ」の田中、山根(共に30歳)で、2人で100km走りました。

ヨワヨワなイメージの2人ですが、見事走りきっているのは意外でした。

24時間テレビ(2005年):丸山和也

第28回(2005年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「丸山和也」59歳で、100km走りました。

「行列のできる法律相談所」で有名な弁護士の丸山和也。

最後の700mは長女と走って感動的でしたね。

24時間テレビ(2004年):杉田かおる

第27回(2004年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「杉田かおる」39歳で、100km走りました。

女性ランナーとして連続4人目です。

24時間テレビ(2003年):山田花子

第26回(2003年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「山田花子」28歳で、110km走りました。

今では2児の母であり、大阪の吉本新喜劇の舞台に復帰されています。

24時間テレビ(2002年):西村知美

第25回(2002年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「西村知美」31歳で、100km走りました。

以前にホノルルマラソンにも出場していたという西村知美。

無事に100kmを完走しています。

24時間テレビ(2001年):研ナオコ

第24回(2001年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「研ナオコ」48歳で、85km走りました。

女性ランナーとしては初めてで、かつ最年長と言われています。

24時間テレビ(2000年):トミーズ雅

第23回(2000年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「トミーズ雅」40歳で、150km走りました。

トミーズ雅は、元プロボクサーであり、マラソン経験者でもあります。

そのため150kmという長距離も完走されています。

24時間テレビ(1999年):にしきのあきら

第22回(1999年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「にしきのあきら」50歳で、110km走りました。

当時は最年長のランナーとして務めました。

翌年以降の24時間テレビでも出演されていましたね。

24時間テレビ(1998年):森田剛

第21回(1998年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「森田剛」19歳で、100km走りました。

当時19歳だったV6の森田剛。

ジャニーズの最年少で人気絶頂でしたね。

24時間テレビ(1997年):山口達也

第20回(1997年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「山口達也」25歳で、100km走りました。

今ではテレビで見られなくなった元TOKIOの山口達也。

「ザ!鉄腕!DASH!!」のDASH村でも人員足りなそう・・・と感じます。

24時間テレビ(1996年):赤井英和

第19回(1996年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「赤井英和」47歳で、100km走りました。

元プロボクサーの赤井英和。

持ち前の運動神経とプライドで走り切りました。

24時間テレビ(1995年):間寛平

第18回(1995年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「間寛平」46歳で、600km走りました。

600km!?とかなり長い距離ですが、この歳は阪神淡路大震災がありました。

そのため、復興を祈って神戸から東京まで1週間かけて走りきりました。

24時間テレビでは3回もランナーを務めています。

今ではすっかりアスリートのイメージですよね。

24時間テレビ(1994年):ダチョウ倶楽部

第17回(1994年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「ダチョウ倶楽部」で、100km走りました。

肥後と寺門は31歳、上島33歳でした。

リレー方式ではなく、3人で走ったそう。

お互いを応援しあって走ったのではないかと思います。

24時間テレビ(1993年):間寛平

第16回(1993年)の24時間テレビのマラソンランナーは、「間寛平」44歳で、200km走りました。

前回のマラソンではリタイアをしてしまったため、再度挑戦して、見事走り遂げています。

24時間テレビ(1992年):間寛平

24時間テレビの初回マラソンは、第15回(1992年)。

マラソンランナーは、「間寛平」43歳で、153km走りました。

200kmを走る予定でしたが、走路を塞がれるトラブルがあり、153kmでリタイアしました。

これは、事前にチャリティーマラソンのコースを公開してしまったことが原因で、観客が殺到してしまったからだそう。

その翌年からは、24時間テレビのマラソンコースは非公開となりました。

スポンサーリンク

【24時間テレビ】マラソンランナー歴代走者まとめ

2000年代から1990年代に遡ると、意外な人も走っているんだなーと感じました。

それにしても、マラソンランナーのプロでない人が100km前後を走るのは、かなりの体力とメンタルが必要です。

ストイックな人でないと務まらなそうですね。

https://pochitto-info.net/24tv-dorama-rekidai/

>>>関連記事:24時間テレビのマラソンランナー(2019)が発表。有吉が予想的中!SNSの反応は?
>>>【24時間テレビ】ドラマの歴代一覧&歴代視聴率まとめ
>>>関連記事:【ダウンタウンなう】ナレーションする人が新しくなった!次の女優は誰?
>>>関連記事:【ぐるナイゴチメンバー歴代】を一挙におさらい!(1998年~2019年)
>>>関連記事:【坂上&指原のつぶれない店】日本全国ご当地グルメ15選!2019年7月7日

こちらの記事もおすすめ