生活・雑学

傘シェア【アイカサ】は1日100円以下!?スマホひとつでレンタルできる!

外出していると、突然の雨で「今日は天気予報で晴れって言ってたのに・・・」と思いながらコンビニで傘を買うことがありますよね。

家に帰ると、既にビニール傘が何本もあったり。

「果たしてこんなに使うのだろうか」と思いながら整理したりしています。

今回は「傘をシェア」するサービスが開始されるとのことで紹介します。

近年、車や自転車のシェアは当たり前のようになってきましたが、傘のシェアは国内初だそうです。

傘シェア「アイカサ」とは?

日本は、世界で1番傘を消費しているそう。

急に雨が振ったときなど、100円ショップやコンビニではすぐに売れている様子を見かけますよね。

でも一時的な雨のために買うのもったいないな・・・と思ったりしませんか?

「アイカサ」ではスマホがあれば、1日70円で傘を借りることができます。

スポンサーリンク

傘シェア「アイカサ」のメリット

「アイカサ」を使うメリットですが

・突然の雨に振られたり
・荷物が多くて傘を持ち歩くのが面倒
・ビニール傘だと盗難される可能性があったり
・電車やバスで傘を忘れた!

といった問題が解消されます。

また、1日24時間の利用で70円ですが、何回も使ったり、なかなか返しに行く時間がないと言った場合でも1ヶ月何回借りても420円とお得です。

傘シェア「アイカサ」のデメリット

「アイカサ」のデメリットは
・傘に広告がついている
・おそらく支払いはクレジットカード?
ということくらいでしょうか。

スポンサーリンク

傘シェア「アイカサ」はどうやって借りる?

アイカサ,利用方法

借り方は最初だけ手間だけど、それ以降は簡単そうです。

1.LINE友達登録&決済登録をする。
2.アイカサがある場所を地図で確認する。
3.QRコードを読み取って利用スタート。
4.返却時にQRコードを読み取り、傘を閉じる。

傘シェア「アイカサ」はどこで借りられる?

2018年12月に渋谷駅周辺でスタート予定となっています。

ビルや飲食店、駅などで貸出予定だそう。

傘シェアのサービスは過去にもあった

「アイカサ」以外にも傘シェアリングサービスがあります。

過去に渋谷で傘をシェアする「シブカサ」というサービスがありましたが、傘が回収できずにサービス終了してしまったそう。

「アイカサ」の傘は特殊ロック搭載で、ユーザー以外傘を開くことができず、誰が借りたかわかる仕組み。

傘が返却されないから傘が足りない!なんてことを防ぐことができそうです。

傘シェア【アイカサ】まとめ

駅によっては善意で置いていっている傘を無料で貸し出している駅があったような気がしますが、なかなかないですよね。

こんな傘シェアが当たり前のようになると嬉しいです。

>>>関連記事:【スクール革命】甘辛街角総選挙で紹介されたお店一覧 | 2018年11月18日
>>>関連記事:【10万円でできるかな】当選しやすいハガキの書き方や、当たった商品など
>>>関連記事:角砂糖の作り方を調べてみた!どうやって四角に固められるの?
>>>関連記事:【相葉マナブ】茨城の人気そば屋で修行したところはどこ?2018年11月11日
>>>関連記事:【嵐にしやがれ】スイーツデスマッチ!のお店はどこ?お取り寄せは?2018年10月27日

こちらの記事もおすすめ