マツコの知らない世界

【マツコの知らない世界】新種メダカや堀田祐二さんのお店はどこ?2019年1月22日

マツコの知らない世界,メダカ,堀田祐二,紅帝,黄麟,幹之,

「マツコの知らない世界」が2019年1月22日に放送されました。

出演者は、マツコ・デラックス、堀田祐二さん。

「メダカの世界」が紹介されました。

現在、メダカは空前の新種ブームが到来しています。

鯉や金魚のように品種改良が行われ、オリジナルメダカが楽しめる時代になっています。

さらに、メダカは飼育の手軽さや、カラフルさから部屋で買う人が急増中。

「マツコの知らない世界」メダカを紹介した人はどんな人?

メダカ専門店の商いをされてている、堀田祐二(ほったゆうじ)さん。

最初はメダカが好きで、自分が作ったメダカで良いのができちゃったら、売るのが嫌だなと思っているタイプだったんだそう。
しかし、メダカ専門店を開くために脱サラしました。

最初の頃は経営が苦しく、車を売ってしまったそう。

それでも続け、現在は10万匹以上のメダカを飼っています。

現在は、日本メダカ共同組合主催「メダカ品評会」の副理事も務めていらっしゃいます。

「メダカ品評会」は、色や形を競い合う全国のメダカファンたちが集う大イベントです。

年に一度行われているので、機会があったら行ってみては。

スポンサーリンク

堀田祐二さんのメダカ専門店のお店はどこ?

堀田さんが運営しているメダカ専門店「めだか倶楽部クリーク」は、愛知県にあります。

住所:愛知県一宮市玉野字東瀬古2023-1
電話番号:080-3620-7680

>>>「めだか倶楽部クリーク」のサイトはこちら

「マツコの知らない世界」メダカの本当の魅力

メダカはただ見るだけでも癒やされますが、それ以外にも魅力があるとして、紹介されました。

名前をつけられる

厳しい規則がないので、新種を生み出すと命名できる。

メダカ:黒夜蝶(こくやちょう)

夜に飛ぶ蝶をイメージして命名されました。

広島県の中原さんという方がつけました。

メダカ:幹之(みゆき)

娘さんの名前をとって命名されました。

愛媛県の菅さんという方がつけました。

メダカ:はにぽんブラック

埼玉県本庄市公式のゆるキャラ「はにぽん」をイメージして命名されました。

はにぽんっぽくないメダカですが、これは地元を盛り上げたいという思いで命名されたんだそう。

埼玉県の清水さんという方がつけました。

エサを食べるときのパクパクが可愛い!

1匹のメダカが食いつくと、他のメダカも食いついてきます。

これを見ていると癒やされますね。

「マツコの知らない世界」自宅で飼いたい!個性豊かなオリジナルメダカ6種

メダカの楽しみ方は、横から見るのが一般的ですが、品種によって見る角度を変えると、美しさが劇的に増すメダカもいます。

上見(うわみ)・・・色や柄に特徴のある品種は、上から見るとより美しく鑑賞できる
横見(よこみ)・・・ヒレの長さや形に特徴を持つ品種は、横から見るとより美しく鑑賞できる

三色(さんしょく)ラメ幹之(みゆき)

上身(うわみ)がオススメなメダカです。

ラメを持ったメダカをかけ合わせた品種で、上から見るとカラフルなラメが見えるので人気。

まぶたのようなあたりにもラメが出ていて、マツコがアイシャドウしているみたいと表現していました。

ジオラマ風に作って楽しむ方もいます。

乙姫(おとひめ)×ホーネット

横見がオススメなメダカです。

黒と朱のヒレのグラデーションが、キレイに均等なのが特徴。

現状4匹(ツーペア)しか存在しない、貴重な品種。

静岡の中山さんという方が、乙姫(おとひめ)×ホーネットを1年かけて生み出したのだそう。

垂水系(たるみけい)ロングフィン

横見がオススメなメダカです。

おでこの形が変わっていて、長く伸びた尾ヒレが一本一本青く光るのが特徴。

愛媛県の垂水さんという方が、生み出した品種。

ちなみに約30種類の新種を生み出した名人です。

煌(きらめき)

ジャイアンツのチームカラーを意識したメダカです。

卑弥呼(ひみこ)

邪馬台国の女王をイメージしたメダカです。

ほんのりピンクがついているのがキレイです。

黄麟(きりん)

上見がオススメなメダカです。

黄金に輝く品種。

堀田さんが生み出しましたメダカで、5世代交配し、一昨年生まれたばかりの新種。

白や青で光る幹之(みゆき)を金色に光らせています。

紹介されたメダカは、まだ比較的若いので、これからもっと色ももっとあがっていくとのこと。

「マツコの知らない世界」業界が激震!日本一に二度輝く最高峰メダカ

「メダカ品評会」で入賞したメダカの紹介です。

紅帝(こうてい)

とことん紅にこだわったメダカです。

メダカというと透明感があるイメージがあるのですが、この紅帝は、かなり紅いんです!

ぱっと見た感じ金魚に見えてしまうほど。
愛知県の大和さんという方が生み出した品種です。

ちなみに5回も入賞されている凄腕の方です。

X JAPAN「紅」が好きでより紅いのにこだわったのだそう。

紹介されたメダカは、一昨年「最優秀賞」を獲得したメダカの子供になります。

スポンサーリンク

「マツコの知らない世界」その他に紹介されたメダカ

黒帝(こくてい)

全身が黒く、ヒレが長い品種のメダカです。

相場が1万円で、よいものだと10万円くらいするとか!

幹之(みゆき)

幹之(みゆき)は、ブームの先掛けになった品種のメダカ。

尾びれの付け根やヒレなどに、青と銀の美しい輝きが現れるメダカです。

品種改良された当初の値段は、30万円以上もの値が付きました。

このキレイな光りかたを発見しなかったら、メダカブームは来なかったかもと言われるほど。

現在は一般的になり、約1,000円ほど。

それでもメダカのなかではそれなりのお値段ですね。

「マツコの知らない世界」メダカの世界まとめ

2003年5月に野生のメダカは、環境省レッドリストの絶滅危惧Ⅱ類に指定されたのはご存知でしょうか。

「メダカの学校」という歌もあるくらい、身近にいて当たり前のような存在ですが、野生は希少な存在になってしまったんですね・・・!

>>>関連記事:【マツコの知らない世界】お菓子箱の世界!リスの箱やおしゃれな缶はどこ?2018年11月27日
>>>関連記事:【月曜から夜ふかし】北海道の高級な「銀聖(ぎんせい)鮭」は通販でも買える?2018年11月12日
>>>関連記事:【情熱大陸】ミニチュア写真家、田中達也のミニチュア展やカレンダーはどこで? | 2019年1月12日
>>>関連記事:シャープの空気清浄機のお手入れなどの通知に【隠しコマンド】があったことが発見される!
>>>関連記事:【10万円でできるかな】当選しやすいハガキの書き方や、当たった商品など

こちらの記事もおすすめ