ニュース

北陸新幹線が水没!廃車になるのか修理になるのか、被害額はどのくらい?

北陸新幹線が水没!廃車になる?被害額はどのくらい?

台風19号による影響で、長野市の車両センターにある北陸新幹線が水没しました。

東京~金沢間を結ぶ北陸新幹線ですが、修理や廃棄にいくらかかるのか、また年末年始はどうなるのかを調べました。

北陸新幹線の水没:ネットの声は?

北陸新幹線の水没について、ネットの声をまとめました。

北陸新幹線の水没した車両は廃車?被害額はどのくらい?

台風19号で水没した北陸新幹線は、JR東日本とJR西日本の車両合わせて120車両です。

すべて廃棄となった場合の損失は、次の通り。

JR東日本・・・96車両で118億200万円
JR西日本・・・24車両で30億円

な、なんと約150億円!

JR東日本の車両が廃車となった場合は全額損失計上で、JR西日本の車両は特損計上となるそう。

現在、車両の点検を行っているそうで、車両の水没状況によって、廃棄するか否かを判断します。

新幹線車両の機器の多くは、床下に搭載されているので修理は難しいでしょう。

また、車内は座席まで浸水しているほどで車同様、臭いもなかなか取れないと言われます。

車両の廃棄するとなった場合は、年末年始に影響がでてきます。

現時点では、修理できる状況なのか不明ですが、新調した方がコストは抑えられるとの声も。

新幹線を新たに投入するとなった場合、1年半はかかると言われているので、今年の年末年始の繁忙期には間に合わないですね・・・。

スポンサーリンク

北陸新幹線の水没:その後本数確保できたのはなぜ?

120車両もの北陸新幹線が水没したのはニュースで連日取り上げられていましたが、現在は通常ダイヤの8割の本数で運行しています。

水没した車両は、北陸新幹線全体の3分の1と言われています。

全線での運転を再開したのは10月25日でしたが、それまでは臨時ダイヤの運行や代替ルートなどの案内でのりきっていました。

本数確保したといわれていますが、実質的には東京~長野間の「あさま」の本数を減らす代わりに、東京~金沢間を走る「はくたか」の停車駅を増やすのだそう。

また上越新幹線の「とき」が臨時停車、「たにがわ」が臨時で運行することでカバーするとのこと。

スポンサーリンク

北陸新幹線の水没車両は廃車?被害額は?:まとめ

台風による河川氾濫などが増えてきているように感じますが、大量の新幹線の水没はあまり見ない状況なので気になりました。

廃棄が決まった場合、鉄道博物館などに再利用できるといいですが・・・。

次の大型台風では車両が水没しないように、避難できる場所を確保できると良いですね。

>>>関連記事:【有吉くんの正直さんぽ】ナレーションの増岡弘が休み、卒業?後任は?
>>>関連記事:【24時間テレビ】マラソンの歴代走者まとめ(初代~2019年の走者まで)
>>>関連記事:【坂上&指原のつぶれない店】日本全国ご当地グルメ15選!2019年7月7日
>>>関連記事:【ダウンタウンなう】ナレーションする人が新しくなった!次の女優は誰?
>>>関連記事:【10万円でできるかな】1万通懸賞応募の結果は?高額賞品の当選もあった!2019年6月17日

こちらの記事もおすすめ